東京五輪1年程度延期がほぼ決定。安倍総理、バッハと電話会談!今後どうなるのか

東京オリンピック

スポンサードリンク



速報です!

2020年3月24日、安倍総理とバッハ会長が電話会談を行い、東京五輪1年程度延期がほぼ決定となりました。

スポンサードリンク



安倍総理、バッハと電話会談!オリンピック1年延期がほぼ決定に。

安倍総理は大会組織委員会の森会長、東京都の小池知事同席の元、IOCのバッハ会長と電話会談を行いました。

安倍総理から1年程度の延期を提案し、双方の合意を得られたということになりました。

まー、これだけ新型コロナウイルスが世界中に感染拡大している中での年内解散は厳しいよね。。

テリー
テリー

1年後に落ち着いていればいいですが、今はどうなるか全く見当がつかないですしね。。

今後どうなるのか

まずは、今から来年開催に向けての準備が必要となりますよね。

今年の夏開催に向けて進めてきた準備は一旦全ストップが必要です。

 

選手の皆さんも、2020年オリンピックに向けて皆さん準備をされてきました。

今日の話をみている限りだと、1年後になる可能性は極めて高く、1年後にピークを迎えるよう準備が必要になります。

 

若い選手はまだ良いかもしれませんが、本田圭佑選手のようなオーバーエイジ枠で参加を目標としている選手は大変ですよね。

 

来年開催だと、本田選手は6月13日誕生日の現在33歳です。なのでもし、メンバーに選ばれた際は35歳での出場となります。

 

他の協議でも、ベテラン勢はコンディションキープが大変でしょう。

 

また選考内定を勝ち取っている選手も可哀相ですよね。。

恐らく来年再度選考をすることになるのではないでしょうか。

 

チケットの返金問題も起きうるでしょう。

来年は観戦に行けない人も出てくることは想像にたやすいですよね、そういった方に今後対応していくかも課題となります。

 

また、日本の不景気はまぬがれません。

元々、今年の夏に入る大きなお金がストップになります。

ホテル業の損失も図りきれません。

夏開催に向けて準備をしてきた人は本当に大変なことになりました。

 

現在、新型コロナウイルスの影響で世界中の国が自粛モードで経済がストップするような状態です。

来年の景気がどうなるかも心配ですよね。

 

しかし、逆にいうとこの新型コロナウイルス感染拡大の真っただ中、今年開催が延期されたことにより、多くの人の健康、命が守られることになります。

 

今はできる限りの対策を行い感染を予防して、来年無事開催できるよう力を合わせていきましょう!

スポンサードリンク



SNSの反応

心配や不安の声も上がっていました。

オリンピック1年延期がほぼ決定に。安倍総理、バッハと電話会談!今後どうなるのかまとめ

2020年3月24日、安倍総理とIOCバッハ会長が電話会談を行い、東京オリンピックを遅くとも1年延期することで合意。

様々な問題が起きることが想定されるが、開催されないことにより新型コロナウイルス感染拡大を抑えられたことは朗報である。

スポンサードリンク