トヨタとNTTの共同記者会見内容まとめ!

トヨタNTT

スポンサードリンク



2020年3月24日、日本を代表するトップ企業であるトヨタとNTTが資本提携することを発表。

あらゆるモノとサービスがインターネットで繋がる最先端の街づくり

スマートシティ」の分野で、今後連携する方針であることを明かしました。

 

テリー
テリー

日本のトップ企業同士がタッグを組むことで話題を集めていますね!

トヨタとNTTは2018年からインターネットによる通信機能を備えた車である
コネクテッドカー」の分野で既に協業合意をしており、共同研究開発を進めてきました。

 

テリー
テリー

今回、資本提携によって協力関係が更に深まることが分かりましたね!

となると、どうなるの?

テリー
テリー

簡単にいうと、SFの世界のような便利な街づくりを目指すことになります!

きゃー!
すごい!

今回はその共同記者会見の内容をまとめましたのでご覧ください!

スポンサードリンク



トヨタとNTTの共同記者会見内容

今回の記者会見の登壇者は、NTTの代表取締役社長 澤田 純社長
トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長 豊田 章男社長からでした。

まずは澤田 純社長から、

「トヨタ、NTTの業務提携に非常に興奮している」

「世界・国の発展、地域の住みやすさを同時に実現するスマートシティの実現」

「トヨタとNTTがスマートシティの社会基盤を形成し、東富士から世界を目指し、業務提携をした」

「自動運転をはじめ、色々なことに取り組んでいるトヨタと連携し、住民、地域の社会基盤を構成していきたい」

「スマートシティ・プラットフォームの基本提携」

「トヨタはモビリティにおいて世界ナンバーワン企業であり、その広がりを手伝っていきたい」

「トヨタとNTTがスマートシティの社会基盤を共に作り上げていく」

「ベースは人であり愛情、貢献、志、精錬の考え方を持つ豊田社長の理念に深く共感している」

「トヨタの明るい未来に向けて、期待と夢を膨らませている」

と話してくれました。

15時15分頃から豊田社長に変わりました。

「車の概念、暮らし、サービスが情報で繋がる時代に突入した。車を含めたモノやサービスがつながることになる。」

その上で豊田社長より、NTTとの提携背景には2つの変化があるとお話がありました。

「1つめはものづくりにおけるソフトウェアの位置づけが変化してきた。」

「今まではハードとソフトの一体開発が基本だった。今はソフトの進化がハードを超えた」

「ソフトウェアファーストの考えが広がってきている」

「車に当てはめると、スマートフォンのようにマイナーチェンジがソフトで更新できるようになれば、トヨタの持つハードの強みが更に活用できる」

「2つめは車の役割の変化」

「車もハードウェア→ソフトウェアへ移行をしていく」

「車は今は社会の構成要素の一つであり、社会システムに組み込まれた車をうまく活用できるのがNTTである」

「車はただ走るだけでなく、車の進化→社会の進化へと社会システムの構想を変える。」

「モビリティ・カンパニーへのフルモデルチェンジ」

「NTTとの提携は必然であった。そして今後さらに仲間を増やしてく」

「30年間で通信がより人々の幸せになってきていることがデータで証明されている」

「車よりも今は通信が必要不可欠であること」

「大変革の時代だからこそ、国の為に民間企業の決起が大切になる」

「すべての人に幸せを届ける世界をつくる」

と話してくれました。

トヨタとNTTの共同記者会見内容まとめ!

2020年3月24日、トヨタとNTTが資本提携することを発表。

スマートシティの分野で今後連携していく。

共同記者会見を聴いていて、とってもワクワクしてきました!

テリー
テリー

これからの未来に期待大ですね!
最期までご覧くださりありがとうございました!

スポンサードリンク